2016年8月4日木曜日

【ポケモンGO攻略】日本最強スポット「舞浜駅」が凄いどころかエゲツない!

ポケモンGOが日本に上陸してから、もうすぐ1週間になろうとしている。ネット上では数々の “巣” が報告されており、当サイトでもいくつかの「レアキャラ出現スポット情報」をお届けしてきた。だがしかし……。

今回お知らせするスポットは、ハッキリ言ってこれまでとは次元が違う。日本最強スポットと断言してもいいだろう。それは千葉県の「JR舞浜駅周辺エリア」である。ウソは言わない、マジのマジで凄い……どころかエゲツないから、約1時間の検証結果をご覧いただきたい。

・中澤が気付いた
舞浜駅がヤバいっぽい……。まずそれに気付いたのは、当編集部の中澤である。彼はイマイチ、ポケモンGOにハマっていないのだが、図鑑には見たこともないレアキャラが数多くいる。聞くと「ワンフェス2016夏」の取材に出かけた際、途中停車したJR舞浜駅でゲットしたというではないか。
先述の通り、あまりポケモンGOにハマっていない中澤の証言だから「他で獲って忘れたんじゃないの?」「てか、電車から降りないでこんなに獲れる?」と最初は疑っていた。まずは心の底から中澤様に謝罪したい。本当にごめんなさい。

・1時間でゲットしたモンスター
禊(みそぎ)が済んだところで、本題へと移ろう。結論から言うと、記者は約1時間の検証で、約20種類のレアキャラをゲットした。もう1度言う、1時間で20体のレアキャラだ。あまりにも種類が多すぎるため、割愛するモンスターもいるが、ザッと以下のような感じだ。

No.007:ゼニガメ
No.025:ピカチュウ
No.027:サンド
No.035:ピッピ
No.037:ロコン
No.039:プリン
No.050:ディグダ
No.052:ニャース
No.056:マンキー
No.058:ガーディ
No.066:ワンリキー
No.074:イシツブテ
No.075:ゴローン
No.077:ポニータ
No.081:コイル
No.101:ビリリダマ
No.102:マルマイン
No.138:オムナイト
……他、多数。

記事URL
http://news.livedoor.com/article/detail/11816021/

スゴイ!


2016年7月30日土曜日

玉袋筋太郎が「ポケモンGO」に早くも高額課金していることを明かす

27日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、浅草キッドの玉袋筋太郎が位置情報アプリゲーム「ポケモンGO」について、配信開始して1週間も経たないうちにすでに高額課金していることを明かした。


番組では「今夜は寝れ9!!」のコーナーで、「ポケモンGO」の話題を取り上げた。自身もハマっている玉袋は、深夜にポケモン探しに外出したところ、「ポケストップ」で自身と同じような中年男性が7~8人いたそうで驚いたのだという。


ここで番組では「ポケモンGO Plus」を紹介した。Bluetoothを使ってスマホと連動し、ポケモンが出現すると振動し、捕獲までしてくれるリストバンド型端末だ。価格は3000円台で、9月に発売予定とのこと。コメンテーターの宇多丸は「これまんまと!『ほーれ、不便だ』つって。上手くできてんな~」と感心すると、玉袋も「できてんだよ!」と同意した。


記事URL
http://news.livedoor.com/article/detail/11819474/

へーーーーーー。

お金かかるんだね。





「ポケモンGO」に裏技? 苫米地英人氏が独自テクニックを口走る

28日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、認知科学者の苫米地英人氏が、社会現象にまで発展している位置情報アプリゲーム「ポケモンGO」の裏技らしきものを口走る場面があった。


番組では「今夜は寝れ9!!」のコーナーで「ポケモンGOで二丁目に“ノンケ”」と題し、現在国内で報告されている同ゲームをめぐるトラブルを紹介した。


MCの長谷川豊氏が「ポケモンGO」をプレイしているかを尋ねると、苫米地氏は「あんま時間ないんで、ちょっと家でやってるだけ」と前置きしつつ「でもレベル23くらい」といい、放送開始前もTOKYO MX内のトイレでポケモンをゲットしたと明かした。


苫米地氏の「ポケモンGO」がレベル23にのぼることに共演者から驚きの声があがり、長谷川氏が「ちょっと待ってください! レベル23ってどういうことですか?」「聞いた中でレベル23って一番(レベルが)高いですよ」と言うと、苫米地氏は「あんま出歩かなくてもできますよ。私はほとんど家の中でやってます」といい、独自のやりかたの存在をほのめかす。


記事URL
http://news.livedoor.com/article/detail/11824469/


本当に、ネタに事欠かないですね。
ポペモンGO!

2016年7月29日金曜日

「逃げてーッ!」ポケモンGOのモンスターボールを使った“新たな遊び”を発見?

最近は、スゴイ話題ですね。


先週、日本版がリリースされ、今年の流行語大賞候補はほぼ確実の勢いでブレイク中のポケモンGO。

ネットの世界もこのスマホゲームに関する話題で持ち切りだが、ゲームに登場するモンスターボールの斬新な使い方を紹介したRadioRiye.Comの動画が、シュールで面白かったので、ちょっとご紹介しよう。


モンスターがいない?

こちらの動画コンピレーションでは、画面に映る“生身の人間”に向かってモンスターボールを放つという、新しい試みを展開!


仮想世界でボールが命中すると、ぶつけられた人がバタバタ倒れていくという仕掛けなのだが…

写真を見ながら読んでください。


記事URL
http://news.livedoor.com/article/detail/11818322/



おじさんには、付いていけない???





ポケモンGOで簡単にポケモンを捕まえる裏ワザ

 ポケモンGOを早速ダウンロードして、今週末遊んでいる人は多いだろう。ダウンロードが可能になった7月22日の夕方には、仕事終わりの会社員が一斉にインストールしてゲームを始めようとしたため、サーバー落ちしたほど。

 ところが、いざポケモンに遭遇しても「モンスターボールをうまく投げられない」「ポケモンが動いて捕まえにくい」と感じたのではないだろうか。そこで、簡単にポケモンを捕まえられる裏ワザを紹介しよう。ポイントは3つ。

①「ARモードを切る」
②画面の端に沿ってボールを投げる
③ポケモンが出てきたらすぐ投げる

これだけで見違えるほど簡単に捕まえられるようになるはずだ!


記事URL
http://news.livedoor.com/article/detail/11802777/


まだ、始まってすぐなのに、スゴイですね。

裏ワザまででるなんて。

週末の各地、主要な公園は「ポケモンGO」プレイヤーであふれる

22日午後に配信されて以降、若年層を中心に飛ぶ鳥を落とす勢いで人気が拡大している「ポケモンGO」ですが、初の週末ということもあり、主要な公園は「ポケモンGO」プレイヤーで溢れかえっています。


「ポケモンGO」は、ポケモンを集めるという収集系のゲームであるため、中毒性があり、多くのユーザーが公園などを徘徊する状況となっています。そうした状況はTwitterを中心に、多数報告されています。


若年層が中心ではありますが、中には親子連れで楽しんでいるユーザーもおり、幅広い年齢層に受けている状況が見て取れます。もはや社会現象と言えるでしょう。週末は「ポケモンGOデート」なる言葉も多くつぶやかれていました。


ただ、自転車に乗ったユーザーが多く、ランナーとの接触未遂ともとれる状況が多数確認できましたので、危険なプレイは決してしないように注意してください。


記事URL
http://news.livedoor.com/article/detail/11802872/


なんか、スゴイ現象だね。











ポケモンGO、ついに日本国内でも配信開始

 任天堂などが開発し、世界中で大ヒットしているスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」の日本国内での配信が22日にスタートした。

 人気ゲーム「ポケットモンスター」シリーズ初のスマホ向けゲーム。公式サイトによると、衛星利用測位システム(GPS)を活用することにより、現実世界を舞台としてポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルしたりできる。専用アプリをダウンロードすれば無料で遊べるが、ゲーム内で使う一部の道具などを手に入れる際は課金される。

 7月上旬に配信が始まった米国では社会現象になるほどの人気となったが、一方で遊ぶために動物園に侵入したり、宗教施設の中でプレーする人が続出して問題に。19日には、オハイオ州のペリー原発の敷地に10代の3人が入り込み、警備員に追い出されたことが明らかになった。また、順次配信がスタートした欧州では、プレーヤーが地雷原に立ち入るトラブルが起こったことも報道されている。

 日本政府の内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は事故防止へ、(1)自転車に乗りながらのゲームは避ける(2)危険な場所に立ち入らない、などの注意喚起をしている。


記事URL
http://news.livedoor.com/article/detail/11794086/


やっとですね。

待ちました。